【簡単&安心】安価な見守りカメラならコレ!TP-Link Tapo C100が暗所でも高画質でオススメ【ネットワークカメラ】

ガジェット
スポンサーリンク

どうも、ものがまです。

これはブログの看板キャラクターの文鳥です。

実際に私はペットとして文鳥を飼っていますがとても可愛いです。

しかし、困ったこともあります

それは、家を留守にするのが心配になることです。

「自分が家に居ない間に、何かあったらどうしよう・・・」そんな心配を常にしながら外出をするのは精神的に良くありません。

というわけで、見守りカメラを導入することにしました。

見守りカメラって?

「ネットワークカメラ」や「スマートカメラ」とも言われる。

小型のカメラで、家や倉庫などに設置することで監視カメラのようにスマホで映像を確認、録画ができるガジェット。

値段はピンキリだが、カメラの性質上セキュリティや安全面に注意が必要

今回設置したカメラはコチラ

TP-Link tapo C100商品ページ

※この記事はTP-Linkからの商品提供を受けてレビューをしています。

スポンサーリンク

【オススメ】安いけど高画質 見守りカメラ TP-LinkのTapo C100がオススメ

というわけで、開封します。

内容物

見守りカメラ TP-Link Tapo C100 設定方法

説明書は「かんたん設定ガイド」のみで非常にシンプルです。

  1. アプリ「tapo」をダウンロード
  2. TP-Linkに会員登録
  3. アプリで商品名を選択
  4. スマホと同じネットワーク名を選択

以上の手順でセットアップが完了します。

基本的にペアリングは殆ど自動でやってくれます。

安価ながらカメラの性能は高く、暗所でもクッキリ撮影可能

実際に使用してみた。

画像は1080pの映像
想像以上に高画質でクリアな映像で驚きました。

ノイズ等も殆どなく視認性は十分です。

よくテレビとかでやってる監視カメラの映像なんかより全然綺麗です。

続いてコチラは、人間の目では何も見えないくらい暗所で撮影しました。

白黒になりますが、ノイズも少なくかなりクッキリと映っています。

見守りカメラとしての役割は必要十分な性能だと思います。

TP-Linkのネットワークカメラを選ぶ理由は「安全性」と「お手軽さ」

Amazonで「見守りカメラ」や「ネットワークカメラ」と検索すると大量の商品が出てきます。

数千円で買える安価な物から、高額な物まで見守りカメラはピンキリです。

そこで「TP-Link」がオススメの理由を説明します。

TP-Linkの見守りカメラを選ぶ3つの理由

有名メーカーなので安心感がある

セットアップが簡単

値段が安価である

まず、カメラという商品の性質上セキュリティには敏感になります。

物によっては、怪しいアプリの導入を促されて情報漏洩に繋がる危険性もあります。

安価な見守りカメラは中国製のよくわからないメーカー品が多い中、TP-Linkは日本でもWiFiなどのネットワーク機器を多く販売している有名メーカーです。
(※中国のメーカーですが)

また、日本語に対応していない物も多く、設定が困難な場合もあります。

その点、TP-Linkの商品は設定をほとんど自動で行ってくれるので簡単です。
設定中にスマホから目的不明の許可を求められることもありませんでした。

購入前の注意点 TP-Link Tapo C100とC200どっちがいい?

・・・と良い点を紹介し来ましたが、購入する際には注意点があります。

それは、電源コードの性質上コンセントが必要ということ。

コードは非常に長いため、届かない心配はあまりないのですがコンセント自体が無い場合は注意が必要です。

それと、上位機種のC200がAmazonで大差ない金額で買えてしまう事です。

C100は首振り機能を省くことでC200よりもお手頃な価格設定になっています。
一方、C200は首振り機能が搭載されています。見た目も高級感があります。

ただし、1台で比べたら価格差は小さいですが複数台購入する場合は、C100の方が向いているかもしれません。

購入の際は、目的と用途を考えて購入した方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました