【レビュー】AUKEY EP-K01 コスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホンの音質は?

オーディオ

最近だと完全ワイヤレスが普及して、コスパの高いTWS(トゥルーワイヤレスイヤホン)がAmazonで買えるようになりましたね。

今回は、そんなコスパの高い完全ワイヤレスの中でもタイムセール中に買うと特にお得なAUKEYのTWSイヤホン EP-K01をレビューします。(タイムセールは期間限定です)

※この記事はAUKEYから商品提供受けてレビューしていますが、全て正直にレビューしています。

YouTube動画はコチラ

スポンサーリンク

【音質レビュー】AUKEY Aipower EP-K01 機能紹介と開封

内容物、右上の箱に交換用イヤーピースとType-Cケーブルが入っている。

見た目は黒いAirPodsのような外観。白いと「耳うどん」みたいなので黒が好きです。

箱には技適マークがありましたが、こちらにはないです。

EP- K01 機能&スペック

Bluetooth 種類Bluetooth 5.0
サウンド6mmダイナミックドライバーによるクリスプサウンド
一回充電での再生時間5時間
充電ケースでの合計再生時間30 時間
充電時間最大1.5 時間
エンコーダAAC, SBC
片耳使用可能
充電ポートUSB Type-C
遮音性物理遮音
ほかの機能タッチコントロール、超軽量、IPX5防水

この値段帯だと珍しくType-Cポートです。

KSOUND EP-K01の音質レビュー

というわけ(?)で音質レビューです。

AUKEY EP-K01 評価

高音域2.0
中音域3.0
低音域4.0
解像度2.5
音場の広さ3.0
定位の良さ3.0

全体的に低音域寄りの音ですが、温かみのある低音です。
ズシンとくる低音というよりも、弦楽器のベースくらいの低音域が得意な印象。

中音域、ボーカルは曇るギリギリのラインのバランス調整
普段から低音の出るイヤホンを使っているなら気にならないレベルですが、高音域とボーカルの抜けを重視する人には曇って感じるかもしれません。

高音域は少し苦手な印象。抜けと伸びがイマイチですが、変に刺ささらないため嫌な鳴り方をしない。良くも悪くも聴きやすい。
TWSであることもあって、解像度は高くはない。

私がフラット好きなのもあって、辛口に感じますがTWSであることと、価格と機能を考慮すれば音質は十分良い部類に入ると思います。

EP-K01とEP-K05 どっちが良い? 比較してみた

後継機?のEP-K05とどっちを買うべきが迷う人が多いと思うのでスペックを比較します。

型名EP-K01EP-K05
Bluetooth 種類Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
サウンド6mmダイナミックドライバーによるクリスプサウンド6mmダイナミックドライバーによる強化されたベース
一回充電での再生時間5時間5時間
充電ケースでの合計再生時間30 時間25 時間
充電時間最大1.5 時間最大1.5 時間
エンコーダAAC, SBCSBC
片耳使用可能
充電ポートUSB Type-CUSB Type-C
遮音性物理遮音物理遮音
ほかの機能タッチコントロール、超軽量、IPX5防水タッチコントロール、超軽量、IPX5防水

なんと、性能だけ比べるとK01の方が優れています。

見た目が違うので、そこが判断基準にもなります。
個人的に装着感はK01のうどん型の方が安定感があります。

【レビュー】AUKEY EP-K01の良い点&悪い点 買うべき?

コスパの高いAUKEYの完全ワイヤレスEP-K01をレビューしてきました。
最後に、実際に使ってみて感じた良い点と悪い点を紹介します。

良い点

  • タイムセールで買うとめっちゃ安い
  • 基本的な機能は完備
  • Type-Cポート

悪い点

  • 大きめのイヤーピースを使うとケースに入らない
  • 音質は低音寄り(好みの問題)

AUKEY EP- K01はこんな人にオススメ!

  • 低音域が好きだけど、ドンシャリは別に好きじゃない人
  • 黒色のAirPodsっぽいものが欲しい人
  • タイムセールで安く買えそうな人

コメント

タイトルとURLをコピーしました