【辛口レビュー】SONY WF-1000XM4を自腹購入したのでレビュー!XM3と比較、初期不良問題、音質や遅延について

2021年

 ども!ものがまです!

 今回はSONYの完全ワイヤレスイヤホン、WF-1000XM4を買って1週間くらい使ったのでファーストインプレッション的なレビューを書こうと思います。

スポンサーリンク

WF-1000XM4レビュー!AirPods Proよりも1万円近く高いがその価値はあるのか?

 待望のWF-1000XM4ですが、第一印象は「思ったより高いな…」ということ。

 前機種のWF-1000XM3当初は27500円で強気な価格設定だと思いましたが、当時はAirPods Pro発売前で、TWSイヤホンでノイキャンを搭載している物も少なかったため、そこまで高いとは感じませんでした。

 しかし、現在はEdifierやEarFunなどの中華性の安いTWSイヤホンでもそこそこのノイズキャンセリング性能の商品が多く出てています。そんなご時世に、WF-1000XM4は33000円。かなり強気な値段設定に感じます。(予想だと2万円台だと思った)

 まあ、そう思いつつも私は買ってしまったのでSONYさんの狙い通りなのかも…

 XM3と比較して、価格は5千円ほどの値上がりしたXM4ですが性能はどうなのでしょうか。簡単に比較してみます。

WF-1000XM4WF-1000XM3
電源Li-ionDC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約1.5時間約1.5時間
電池持続時間(連続音声再生時間)最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)最大6時間(NC ON)/最大8時間(NC OFF)
電池持続時間(連続通話時間)最大5.5時間(NCオン) / 最大6.0時間(NCオフ)最大4時間(NC ON)/最大4.5時間(NC OFF)
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.2Bluetooth標準規格 Ver.5.0
出力Bluetooth標準規格 Power Class 1Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離10m見通し距離 約10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSPA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC, LDACSBC, AAC
対応コンテンツ保護SCMS-TSCMS-T
伝送帯域(A2DP)20Hz-20,000Hz(44.1kHz sampling) 20Hz-40,000Hz(LDAC 96kHz sampling 990kbps)20Hz – 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)
参照:SONY 比較表

 こうやってみると、バッテリー性能が上がってLDACに対応したことが分かります。また、Bluetooth5.2に対応したことで接続の安定性が期待できるでしょう。

WF-1000XM4開封!1000XM3との見た目の比較

 パッケージはかなり簡素になったイメージ。なんか卵みたい。

 因みにこのパッケージは、開けると元に戻らない。箱も奇麗な状態で保管したい自分としては残念な仕様。

 内容物はこんな感じ。

 イヤーチップが3種類入っている。普通のウレタンとはちょっと違う上質な質感
今回はシリコン製のイヤーチップは付属しないので注意

 XM3とサイズ比較。かなり大きさがコンパクトになった。

 今回はホワイトを購入。見た目は珪藻土マットっぽい…

 質感が全体的にエコな感じになった。勝手なイメージだけど土に還りそう

 全体とを通して、質感はかなり高い。流石3万円超え。

 ただ、パッケージや付属品はお世辞にも豪華とは言えない。コストを抑えるためなのかは不明だが、前機種より価格が高くなってコストは削減されている感が否めない。

WF-1000XM4 音質レビュー!XM3との意外な”違い”とは?

とりあえず、1週間つかって感じた音質について感想を話します。聴きこんでみたら評価が変わるかもしれませんがその点はご了承ください。

WF-1000XM4 音質レビュー

高音域5.0
中音域4.0
低音域4.0
解像度4.0
音場の広さ3.5
定位の良さ4.0

 ぶっちゃけ、かなり良い 辛口レビューとは?

 初期設定状態でも、特に不満もなく良い音なのだが、やはり真価を発揮するのはLDAC接続して使用した時です。

 TWSイヤホンは低音域が得意な機種は多く存在するのだが、高音域はどれも不自然なものが多い。しかし、このWF-1000XM4はかなり自然で好みな高音域です。

 高音域は詰まったような感じもしないし、変に硬く金属的な鳴り方をしないので聴きやすいです。これはAVIOT的な言い方をすると日本人ウケするサウンドだと思います。J-POPやボーカル曲と相性が良いと思います。個人的には高音質と話題のゼンハイザー CX400BTよりも好きな音です。

 中音域は、存在感をしっかり感じますが、圧倒的な主役というポジションではないです。あくまで他の音域との協調性を計りつつも自分が主役なのを自覚している存在感

 低音域は、出ていますが主張は控えめです。最近のTWSの流行と真逆な印象。これは、付属のウレタンイヤーチップによる影響も大きいため、もっとブリブリとしたサウンドを求めるならシリコン製のイヤーチップに変更すればそういった音も出ます。なんならEQで弄ることも可能。

WF-1000XM3との意外な音質の違い

 ここで気になるのが、前機種XM3との違いです。ぶっちゃけ、かなり違います。
単純にレベルアップ!高音質になった!というわけではないです。

 まず、XM3はキラキラとした元気の良い、弱ドンシャリなサウンドで一言で表現すると「上品でゴージャス」って感じの音でした。

 一方のXM4は「万能で頼れる大御所」的な安心感のある音になったように感じます。
XM3の若さというか、やんちゃさみたいなのが無くなったけど、万人ウケする音。
それでいて、その気になれば(EQなどで)元気風な音も出せる!そんな感じの音に変わりました。

 個人的にはこの音の変化は好きです。私は他の高価格帯のTWSイヤホンもいくつか聴いていますが、これに似たような音のイヤホンは無く、流石SONYだなと思いました。

WF-1000XM4のノイキャン性能、外音取り込み性能は?遅延が酷いって本当?

 ノイキャン性能については、流石SONYです。付属のイヤーチップの質が高い事も相まって、かなり自然で強力なノイキャン性能を誇ります。
 WF-1000XM3は、AirPods Proと比較して音質では勝ってましたがノイキャン性能は負けていました。しかし、XM4はAirPods Proにも負けない性能を持っています。

 そして気になるのが外音取り込み機能です。これは自然で高音質な外音取り込みです。が、風切り音が少し大きいです。最近風が強い事もあるので、余計気になります。しかし、そこまで酷評するほどでもなく許容範囲レベルです。

 個人的に嬉しかったのがアプリでの環境を自動判別してくれる機能。これがかなり精度が高く、歩いたり、止まったり、走ったりするとわりとセンシティブに反応してくれます。邪魔ならオフにもできます。

 巷で噂の遅延ですが、良くも悪くも普通です。動画を観たり、音楽を聴く分には問題ないレベルの遅延です。音ゲーなんかをするならちょっと厳しいです。ただ、aptX-LLに対応しているわけでもなく、ゲームモードのようなモードがあるわけでもないので、そういった機種と比較するのは酷かと思います(価格的に欲しいけど)

WF-1000XM4 初期不良続出!?今買うのはやめた方が良い?

 Twitterやブログなどを見ると、WF-1000XM4の初期不良が報告されています。ノイキャン使用時にノイズが入ったり、充電がされなかったりするみたいです。幸い私の機種は今のところ不満なく使えています。

 ぶっちゃけ、SONYは新製品を出すといつもこういった話題になります。XM3の時もバッテリー関係で初期不良がどうとか言われてました。

 ただこれは、SONYに限った話ではなく他の日本メーカーも初期型は意外とこういったケースが多いです。売れる製品、期待や信頼が大きいが故にこういった不具合の報告が多く上がってしまうのだと思います。

 とはいえ、気にせず今すぐ買え!とは言いません。
基本的にSONYのTWSイヤホンは待てば安くなります。最初の価格設定が強気なため、段々と値下がりして1年後くらいに適正な価格になる印象です。

 焦って買うのではなく、値段が落ち着いてきたり年末のセールなんかに狙うのが良いと思います。(ガジェットブロガーにあるまじき発言)

 勿論、私と同じく買った人はこの特別なイヤホンを存分に楽しみましょう!

べた褒めしたWF-1000XM4だけど、これだけは言いたい

 実物を触ってみて、間違いなく質感やクオリティは非常に高いWF-1000XM4
価格相応の価値は間違いなくあると思います。ただ、それでも33000円は高いです。

 有線イヤホンに5万、10万使ってる人間が何を言うんだと思われるかもしれませんが、それでもやっぱり手が出しにくい値段です。だってPS4やswitchが買えちゃいます。

 音楽を聴く、ノイキャン、外音取り込みのTWSが欲しい!って目的の人には1万円台で良い商品が沢山出ている中、この価格帯のTWSイヤホンを買う人はなかなか物好きだと思います。(特大ブーメラン)

 ただ、実際に触ってみるとその質感の高さや、唯一無二の音質など3万円払わないと手に入らない物があるのも事実。お金に余裕があれば買って後悔はしない商品かなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました